INTERVIEW社員インタビュー 製造部

製造部 機械加工

R.O

2016年4月入社

PROFILE

2016年4月に新卒入社。
就職活動の際から ものづくり に関心があったこともあり、製造部へ配属される。
会社の企業理念でもある「お客様を大事にする」「仲間同士が信頼しあう職場作り」に特に感銘をうけ、意欲的に業務にあたっている。
休日は目的地を決めずにドライブに出かけるのが楽しみの1つ。

仕事を覚える楽しさと責任感がやりがい

-入社したきっかけを教えてください。

学校の授業で制御工学や電気回路を学んでいく中で「ものづくり」に興味を持ち、技術者として活躍したいと思うようになりました。
これまで妙徳という会社は聞いたことがないし見たこともなかったので、まずはインターネットで調べるところから始めました。どのような企業で、どのような製品を作っているかを自分なりに理解したうえで会社説明会に申し込みました。
会社説明会で話を聞いてからは、当社の製品(真空発生エジェクタや吸着パッドなど)が日本だけでなく海外のあらゆる「ものづくり」の現場で使われている事が分かりました。
自分自身も、ものづくりを支える・担う技術者の一員になろうと考えて応募しました。

-妙徳で働く魅力は?

大きな事故につながりかねないマシニングセンタ(金属を加工するための機械装置)の操作を任されることに当時はプレッシャーを感じましたが、1つ1つ丁寧に先輩や上司が教えてくれたので、周りが見守ってくれる安心感と覚える楽しさがありました。
同僚もいるので、お互いに切磋琢磨しながら頑張れていると思いますね。それに任されると責任感がだんだんと芽生えてきて、それがやりがいにつながっていると感じています。

-今後の目標は?

いまはものづくりの現場にいますが、ここで経験したことを活かして今後は製品の開発業務に携わりたいです。
当社には自分の考えを伝えられる環境がありますので、やりたいことをたくさん発信していきたいです。

-応募を考えている方へのメッセージを
お願いします。

ものづくりの自動化は自分で考えているよりも、ずっとずっと速いスピードで進んでいます。
自動化の波に乗り遅れないためにスピード感をもちながらも、ものづくりへの探究をあきらめないことが大事だと思います。